気になる乾燥肌を改善する保湿のためのスキンケア

乾燥によって引き起こされるトラブルは色々ありますので、スキンケアを行う時には乾燥肌を防ぐ方法を考えなければなりません。

 

肌中の水分量が足りなくなると潤い成分も減りますので外的刺激から十分に守ることができなくなり、摩擦による負担が大きくなったり紫外線のダメージを受けやすくなります。

 

また、水分と油分のバランスが崩れて肌細胞の働きが鈍りますので、ターンオーバー周期が遅れがちになって、トラブルを抱える肌細胞の排出も遅くなってしまいます。

 

日々のスキンケアで行うべきことは保湿対策であり、長時間潤いのある状態を作れるのはセラミドですので積極的に活用していくことが大切です。

 

 

セラミドにはいくつかの種類がありますが、ヒト型セラミドは肌への親和性に優れていて角質細胞間脂質の衰えをカバーできます。

 

一度取り込んだ水分を蒸発させませんので、しっとりとした柔らかな肌が続くのも嬉しいところです。

 

選び方としては、セラミドの後ろに数字がついているものを選ぶと失敗しません。

 

特に1~3は保湿力に優れていて、乾燥肌をしっかりと回復させることができます。

 

夏にかけて、乾燥肌を改善しつつ、美白したいという人におすすめなのがディセンシアサエルです。

 

 

他にもセラミドに近い成分であるスフィンゴ脂質やステアリン酸コレステロールは見逃せない成分です。

 

作用は穏やかですが、潤いのある肌作りに役立ちます。美肌に効果があるとされているレシチンも保湿作用に優れていて、しかも安価ですので毎日たっぷりと使うことができて便利です。

 

保湿化粧品によく含まれている成分にヒアルロン酸がありますが、これは元々人の肌の真皮に存在するゼリー状の成分であり、安価で保湿力に優れているタイプです。

 

 

肌につけるとスーッと馴染みますがサラッとしていますので油分を含む化粧品で蓋をしないとせっかく補ったヒアルロン酸が蒸発してしまいます。

 

多くの化粧品に使われているのはヒアルロン酸Naですが、アセチルヒアルロン酸Naはその2倍の保水力を持ちますのでより効果的なケアを行えます。

 

 

乾燥が気になる人でおすすめのファンデーションはクッションファンデです。

 

クッションファンデは水分がたっぷりなので、肌が潤い保湿効果もあります。
中でも日焼け止め効果もあるエクスボーテ クッションファンデなら、紫外線対策もしっかりできてとても良いです。

 

冬場だけでなく夏でも乾燥するので、1年を通じて、保湿はしっかりしたいものですね。